スタジオブログ

2007年12月08日

カレンダー

071208_1554~0001.jpg

オールディーズポップスを良く聴くのですが、特に「カレンダーガール」という歌が好きです。

ニール・セダカの1960年頃のヒットソングで、カレンダーの女の子があんまりにも可愛くて、毎月毎日恋してしまうという歌詞です。

わたしのカレンダーガールは、スタジオのキッチンにあるJALのカレンダーです。
各国の美しい風景と、民族衣装を纏った美しい女性たちが毎月一枚楽しめます。

スウェーデンは、全てが氷で出来ているアイスホテルに毛皮のブーツの赤毛の美人さん。
ロシアは、光り輝くエカチェリーナ宮殿鏡の間に、真紅のドレスの色白美人さん。
カンボジアのアンコールワットとエスニックな衣装の褐色美人さん。
こんなかんじです。

美しいひとやものを見ると心が潤います。来年のJALカレンダー(先日届きました◎)も楽しみです。

なんでこんな話をしているかというと、今年のカレンダーも残りの一枚となり、お客様にお配りする用の来年のカレンダーの袋詰めもぼちぼち…というこの頃なので。

菅野建設のカレンダーには美人さんは居ませんが、趣きのある和風建築の写真が風流です。
そして、かなりの距離を挟んでもしっかりくっきり見える、曜日と日付の視認性がアピールポイントです。
ご希望の方は、福島スタジオにお越しになった際お申し付けください^^

□カンノ□

投稿者 staff : 15:56

カレンダー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別アーカイブ