スタジオブログ

2008年01月11日

エジプト

図書館に一応行ってみたのですが、経済はほんとうに苦手なので、多分自分でお金を出しでもしないと最後まで読まないだろうと思いました。
早速Amazonで「経済のことをよくわからないまま社会人になってしまった人へ」という本を注文し、届くまでの間世界史を先に始めました。
今、先史~エジプト文明のあたりでツタンカーメンに思いを馳せていたところです。

他のファラオに比べて即位年数が大変短かったため墓が異例に小さく、盗掘を逃れ金銀財宝と共に眠っていたツタンカーメン。
ミイラを調査したところ暗殺された可能性が高いということです。
先々代からファラオに仕えてきた老臣アイは、ツタンカーメンの死後自分が王として即位、ツタンカーメンの妻アンケセナーメンと結婚…
きっとこいつがやったんですね。

石の棺を開けると、人形棺の額の上に小さな花輪が置いてあったそうです。

アンケセナーメン…(;o;)

カンノ

投稿者 staff : 09:06

カレンダー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別アーカイブ