スタジオブログ

CATEGORY・・素敵な背景

2007年03月30日

【ドラマ】花より男子


今日も素敵な背景をご紹介します…*

【ドラマ】花より男子

先日ご紹介した「華麗なる一族」の豪奢な万俵邸はセットでした。


一方、本日ご紹介する「花より男子」のキャラクター、「総資産数千億円、所有別荘は世界中に15軒」の道明寺財閥御曹司の大豪邸は、福島県の羽鳥自然公園にある、ブリティッシュヒルズという施設で撮影が行われました。

kanda_01.jpg


7万3000坪の広大な敷地に建ち並ぶマナハウスやゲストハウス…中世イギリスの町並みを再現した施設で、もともとは学校法人佐野学園が設立した研修施設でしたが、現在は結婚式、イベント、宿泊や日帰りでの一般観光客を受け入れています。

ドラマなどの撮影にもたびたび利用されているようで、平井堅のプロモを見ていたら「あっあの部屋だ!」と気づいたこともありました。


私は高校生の頃友達との旅行で訪れたのですが、何から何まであまりに完成された中世イギリス!で、「イギリスに旅行に行った」というより、「古いイギリス映画の中に迷いこんだ」ような不思議な感覚でした。公用語は英語で、「ブリティッシュヒルズポンド」というオリジナルの通貨もあるんですよ^3^b

なにより、美味しいスコーンが出るアフタヌーンティーが印象に残っています。


ちなみにホームページによると、

「施設内の通路や広場の名称をはじめ建物、インテリア、家具、調度品などすべて時代考証に基づき、中世英国様式を再現しています。
建設にあたり英国の会社に設計を委託し、建築資材は全て英国から取り寄せ、「本物の空間」の再現にこだわりました。」

というこだわりようです。バブリーな香りがしますね。


全国的に評価の高いこの福島の中世イギリス、白河I.C.から車で40分なので、福島エリアにお住まいの方には特におすすめです!
とりあえず、↓のホームページを見るだけでも雰囲気が味わえて楽しいですよ*


■Launch!↓

ブリティシュヒルズのサイトへ飛ぶ
TBS花より男子のサイトへ飛ぶ


 

〓カンノ〓

投稿者 staff : 09:00

2007年03月26日

【映画】Mr&Mrs.Smith


ブラピとアンジーという2大スターの共演ですから、かなり話題性が高かった映画でした、「ミスター&ミセス・スミス」

B000AOTWLE.09._SS400_SCLZZZZZZZ_.jpg

しかし、豪華キャストだけが見所ではございません…

主人公たちの暮らす部屋は洗練されたコーディネートで、アーバン・モダンなインテリアをご覧になりたい方にはとてもオススメです。

しかしながら、一見完璧なコーディネートに見えるけれど、二人暮らしには大きすぎるダイニングテーブルの端と端に向かい合って座って取る食事…食い違う二人のテイスト…「実は二人ともスパイ」「実はお互いがターゲット」という仮面夫婦の距離感を見事に表現したインテリアだと思います。


〓カンノ〓

投稿者 staff : 10:00

2007年03月19日

【映画】かもめ食堂


2時間完璧に別の人間になれるので、映画を見るのが大好きです。
その間だけ別の誰かの人生を生きて、学び取ることがたくさんあります◎

わたしが重きを置く「よい映画」のポイントは…

メッセージを持つストーリー、観客を惹き付ける役者の演技、でもそれ以上に、作品全体の世界観を創り上げる“美術”です。

素敵だな、と思った雰囲気のエッセンスを、自分の暮らしにも取り入れられたら、もっと楽しく生きられる気がします。

ブログのネタに詰まったのではありませんよ 



070319.jpg


今日ご紹介する素敵な背景は、フィンランドを舞台にした邦画、「かもめ食堂」。
異国の地で日本料理の食堂を経営している女性オーナーの生活を綴る、のんびりとした映画です。


インテリアはプライウッド(合板)家具の先駆者アルヴァー・アアルト、食器類はイッタラ…フィンランド出身のデザイナーたちの粋を集めています。

一時期のブームを脱して今やスタイルの一つとなった「北欧テイスト」を堪能できます。


特に印象的なのは、アンティ・ヌルメスニエミのコーヒーポット。

ホーローならではの綺麗な発色をした鍋で、50年代にヘルシンキの産業デザイナー、アンティ・ヌルメスニエミによってデザインされたものです。
フィンランドの家庭で長年愛され続けている、ロングセラーです^^


■Launch!↓

かもめ食堂のサイト
アルヴァー・アアルトのプロフィールを見る
イッタラのサイト
アンティ・ヌルメスニエミのキッチンツールを見る


〓カンノ〓

投稿者 staff : 12:00

2007年03月11日

【ドラマ】華麗なる一族


福島は久々に雨です…。

でも、植木に水をやらなくて済むので雨もたまには悪くないですね!
それに、外出しなくてもできる楽しみは沢山あります。
私、映画っこテレビっこですし。

というのも、作品自体を楽しむのはもちろんですが、映画やドラマの背景をチェックするのがとても楽しみだったりします。

その作品の世界観を表現する重要なパート、背景は、美術監督さん達が魂を込めて創り上げるものです!
同じ映画でも、背景をじっくり見るために2回目を見ることもよくあります :-)

せっかく毎日書くこのブログがありますし、素敵な背景を思いつき次第、ここでご紹介しようかと思います。


まず今日は、現在放送中のTBSドラマ「華麗なる一族」

ichi.jpg


題の通り、華族の暮らしぶりというのは本当に豪奢ですね。
その世界観を表現するために、美術にも相当の金額が注ぎ込まれたようです。

60年代の神戸の街並みは路面電車とクラシックカーが走る、東京ドーム9個分のオープンセット…

メインセットの万俵邸は、神奈川県平塚市の倉庫に建てられた、450坪、推定総額5億円のセット。

なんと、約3億円の保険金がかけられているそうなので相当ですね。

その万俵家の中にこれでもかと並べられている豪奢な家具・調度品も、すべて一等品です。

大理石の床に敷かれている一枚2000万円のペルシャ絨毯、81万円のベッド、400万円の照明器具…

万俵家のイニシャル「M」が記されたお皿は1枚約8万4000円だそうで、これは1枚たりとも割ることは許されませんね。

見てはみたいですが、触りたくはないです。。今日の朝スタジオのグラス(100円SHOP製ですが。)を割ってしまったくらいなので。


■美術提供をしているIDC大塚家具のホームページで、各家具の具体的なお値段もチェックしてみてください

■それから、公式ページから万俵邸の内覧バーチャルツアーが体験できますよ!



〓カンノ〓

投稿者 staff : 11:00

カレンダー

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31